2016年12月05日

2016年着々とシリーズ・・・


茨城県桜川市真壁町と申せば ・・・


遠路遥々ご苦労様とオイラを労うかのように、メイン通りが賑やかに演出されておりまして・・・
お祭りなんだろうけど やけにヒッソリし、ホントにそうなのかしらと訝りつつ先に進むも・・・

な1.JPG

人っ子一人見掛けないっう事実は何を物語るのかについてはココでは触れずにスルーが吉の予感。
そして・・・

な2.JPG

名前のないうどん屋 @ 桜川市真壁町桜井170 を訪問の巻。

ホントは店名が存在するんですけどね、前回のまま進行したいと存じます。
そんな事よりも、次から次へと来店するお客さんにクリビツしてたのですよ !!!
店主さんがボソッと言ってた、中々地元に受け入れられないっうのは解消されたみたいねと独り言。

それでは・・・




メニュープリーズ・・・

な3.JPG

あの時のままなれど・・・ ( 大 )を発注すると、うどんお替り自由が継続してるのかは不明也。

だって、そんな条件には見向きもしないのがフツーの男の子だと思われ・・・

な7.JPG



発注完了し、暫し待てばですね・・・




































田舎うどん降臨。

な4.JPG

アレレ デフォの量が少なくなったのは間違いなく・・・
多分 きっと 恐らくだけど、主要層であるジジ & ババには適量なんだと納得したのです。

それでも デケー掻揚げちゃんは健在だったので一安心。


な5.JPG

こんな風にビンボークセー事を色々と正直に書いて宜しいのかと思うけど、今更引き返せないのも事実でございまして・・・
ソレはソレとして、ミミを引っ張り出して記念撮影してミタのです。

な6.JPG

相変わらずうどんちゃんは、シッカリしたコシと滑らかな啜り心地が素敵なのでした ( ´∀`)σ)∀`)
カリッサクな揚げ立ての天ぷらも堪能し・・・

な8.JPG       御馳走様でした


次回・・・  美味いけど遠いんで、卒業の予感がプンプンとしております。




吉田うどんプチツアー( 萱沼製パン、みやふじうどん )、名前のないうどん屋、かどや、パンドラ
やまと食堂、華暖簾、石亭、青木屋、、いこいこ、月庵、喫茶アーモンド、東海閣、せっちゃん、
ラーメンショップ 金田亭、もつ煮ショップ、肉のたかはし、林屋食堂、味楽来、あおき
スワン、次郎さん、龍馬、タカノ、昭和食堂、たぬき、萬来軒、某所中華屋さん、山口精肉店、
はちのこ食堂、みゆき食堂、叶食堂、小鳥食堂、こやの、なか屋


posted by ヤマチャン at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他エリア うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443499135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック