2016年12月22日

2016年着々とシリーズ・・・ 


青梅市と言えば・・・


前回、餃子でイチコロにされた際の副産物 ⇒ 激辛好きウェルカムメニューの存在を知り・・・
玉袋がキュッと引き締まったあの日 あの時を忘れずに、ブツの早急な確認が吉とのお告げアリ。
期待マシマシで突撃すると、想定との乖離に唖然とする多数の経験則的な不安はですね・・・ 
多分 きっと 恐らくだけど、アノお姿なら何の憂いもないのではないかと笑い飛ばしてやったのです。
そうです、後悔しないとの確信に満ち溢れての出発だったと申し上げておきたく存じます。

そして・・・

な1.JPG

ラーメン 餃子 なか屋 @ 東京都青梅市野上2-11-1 を訪問の巻。

カウンター6席程度と その狭さを知ってはおりましたが、店前の2名待機にクリビツしてたのは内緒。
入店し一番奥の隅っこを確保できたのは、小心者の執念日頃の行いの良さと申し上げておく次第。


それでは・・・




メニュープリーズ・・・

な2.JPG

マーラー系バリエーション活用を理解も、炒飯を組み込むかねと小1時間首を傾げる時間の無駄を省き
サッサと注文を終え・・・

な3.JPG

隣の親子に降臨したブツを横目で確認したのなら、ファーストリアクションに全神経を集中するのは当然。
男親が盛大に咽続けたんで、横向いて片眉をピクッと( 心の中ではサムアップ ) させてやったのです。
でもね、大学生だと思われる息子はゆっくりながらも平然と食べ進めており一抹の不安を覚えつつ・・・

暫し複雑な心境で待てばですね・・・






















































マーラーメン降臨。

な4.JPG

アラマ 結構辛そうだねと冷静に観察終了後、スープを一口・・・

な5.JPG

アレー 辛くないじゃん (゜Д゜;≡;゜Д゜) 辛さを感じる間もなく、ウッスラ頭皮に汗がジンワリっうのを期待してたのにと恨み節 _| ̄|○
ラー油を追加投入、山椒もチョイトだけフリフリとカスタマイズの方向性も定まり 後は粛々と・・・

な6.JPG

茹で加減バッチリの麺なれど、もっとスープを大量に持ち上げる系だと印象も変わるのかしらと・・・

な7.JPG      ご馳走様でした

小川町のアレや与野のソレよりも・・・                      以下自粛。


次回・・・   新規開拓で宜しいと結論。

 



萱沼製パンみやふじうどん名前のないうどん屋かどやパンドラ、やまと食堂、華暖簾、石亭、青木屋、、いこいこ、月庵、喫茶アーモンド、東海閣、山もとうどん、ラーメンショップ 金田亭、もつ煮ショップ、肉のたかはし、林屋食堂味楽来あおきスワン、次郎さん、龍馬、タカノ、昭和食堂たぬき萬来軒、某所中華屋さん、山口精肉店はちのこ食堂みゆき食堂叶食堂、小鳥食堂、おがわなか屋




いじょ


ラベル:青梅市
posted by ヤマチャン at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック