2017年02月20日

ガツンと一発・・・


築西市と申すより・・・


JR水戸線 下館駅至近だよーんと書いた方が、分かりやすいのかなと悩んだオサーンが1人。
真岡鉄道の始発駅と追記すれば、完璧な予感がしなくもなくもないと思う今日この頃。

そんな事とは裏腹に・・・
良くもまぁこんなトコにとの本音を披露しつつ、細い路地に侵入し最徐行でトロトロ運転中に・・・ 
あっココかなと首を捻じ曲げてお店前を通過する際に、店主さんとバッチリ目が合ったっう事実アリ。
その視線が動いた先に駐車場の存在を嗅ぎ取ったのですが、見事に大当たり・・・  初対面前に早くも阿吽の呼吸が存在した稀有な例と書いておくのが吉。

そしてエレー歴史を感じる建物の前に佇んでから・・・

つ1.JPG

筑波軒 @ 筑西市丙219 を訪問の巻。

昼時を外した時間帯なれど、入店してみますれば先客ゼロは想定の範囲内。 そんな事よりも・・・
店内もレトロ感満載で目頭が熱くなった後、冷静にキョロキョロ見回してしまったのはのは当然だと独り言。


それでは・・・



 
メニュープリーズ・・・

つ2.JPG

実質、中華そば or わんたんめんの二択ならばですね、何も悩む必要なんてなく直ぐに発注完了。

そして・・・

つ3.JPG


暫し待てばですね・・・


































ブツ降臨。

つ4.JPG


アレマ コレは、何となくココを思い出させるお姿だと思い浮かんだのです。
まっ、初期認知症にしては大手柄だと自我自賛も・・・                  以下自粛。

先ずはスープを一口・・・ 醤油ダレの甘さを感じるのも一緒なれど、チョイと薄かったんでお言葉に甘えて醤油ダレを追加してもらったのは内緒 (;^∀^)
麺はストレート系で茹で加減申し分なし !!! 多分 きっと 恐らくだけど、筑西ラーメンっう独自スタイルの存在を嗅ぎ取ったのですが・・・     どうなんでしょうね ???

つ5.JPG

チャーさんはカナリショッパイけど、それだからかもだけどオイラのツボでございました。
そんな事とは別次元・・・ 筑西市  実に気になるじゃないかと書き残し・・・

つ6.JPG       ご馳走様でした


次回・・・  見極めるべきか審議開始。

posted by ヤマチャン at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城 ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック