2017年02月21日

思い出と現実の乖離に眩暈・・・


赤羽と申せば・・・


お隣の十条で出生から27年間過ごしたオイラには、懐かしさばかりが先に立つのですが・・・
卒業した富士見中は十条中と合併と聞き、時の経過を思い知る今日この頃

ハイッ 話を元に戻すと・・・

赤羽駅東口至近、セメーのは知ってるけど十条在住のヤツと行くかとなりまして・・・

ま0.JPG

大衆酒場 まるよし @ 北区赤羽1-2-4 を訪問の巻。

ま1.JPG

入店してみますれば、壁を背にする激狭左側カウンター席中程を指定され天を仰いだオサーンが2人。
席に辿り着くまで、おっさん達一人ひとりの背中を右から左に大事なブツを押付けながらの移動と相成り
反対の立場だったら、背中が震えるほどの嫌悪感に満ち溢れた状況だったと独り言。

それはソレとして・・・




着席した瞬間に    2時間制限だと申し渡され、そんなに長居する積りはござらんと固く心に誓いつつ
こんなスタイルでホッピーが提供され、謹んでお受けした次第。 
そして、はよー乾杯しろとの声に後押しされ乾杯も・・・

ま2.JPG

速攻で氷も提供されオサーン2人が首を傾げて顔を見合わせ、 これは何だと訝るも・・・

ま3.JPG

先ずはポテサラを発注し、片眉がビクッと反応・・・

ま4.JPG

名物なのに注文しないの〜     なんて言われて、癪だから注文したキャベタマ。

ま5.JPG

オイラでも簡単に             以下自粛・・・
コレが名物だと言い張る神経が理解出来ないと、声を潜めて & 身振り手振りも総動員して意見交換。
それなら・・・

ま6.JPG

何処のお店でも、多分 きっと 恐らくだけど、そんなに味が変わらない無難路線に切り替えが吉との声に導かれるまま追加発注。

ま7.JPG

やはり・・・

ま8.JPG

アブラの質で千差万別なのを再認識しただけだと思うのなら・・・

ま9.JPG

四の五の言わず、もう1杯だけ飲み干してサッサと退散するのが正解なのかなと。

ま10.JPG

一番街のアノお店が正解・・・


いじょ



ラベル:赤羽 居酒屋
posted by ヤマチャン at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京 飲み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やまちゃんさん♪(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

(´;ω;`)ブワシ
Posted by お尋ね者♪(・ε・` ) at 2017年02月21日 08:45
お尋ね者♪(・ε・` ) さん ♪


。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。
Posted by ヤマチャン at 2017年02月23日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック