2017年03月13日

見掛け通りでしたけど・・・



千代田区と申せば・・・


通常モードの昼飯場所とは別に、滅多に踏み込まないエリアにも誘い込まれる事がございまして・・・
小心者で人見知り、純真無垢な少年が初体験するのは いつでも周りの誰かのお節介のお蔭との格言を思い起こしたのでございます。

ハイッ 嫌いなタイプでなければ喜んでとも言うらしいけど・・・

牡蠣が安く食べられるからと吹き込まれ、その気になったと独り言。

とひ1.JPG

某所・某店を訪問の巻。

しっかーし、メニューに一貫性が垣間見られず・・・ 違う意味で、脱いでみたら凄いんですとの期待を抱かせるじゃねーかと大ブーイングしたのは当然。
どんな場合でも、経験者に宥め賺されるのは古今東西共通だと諦めましたけどね (-_-、)

とひ2.JPG

それが入店してみますれば大盛況 ⇒ ドリンクバー無料の効果絶大と書いておきたく存じます m(_ _)m


それでは・・・






牡蠣飯・カキフライ・牡蠣ボイル。  ご飯大盛と指定したはずだと片眉ピクリで文句を申したら、大盛で提供していますと即アンサーアリ。
今この段階で冷静に確認出来ましたけど、サンプルのご飯の量がイジョーに少なかったと気付くの巻。

とひ3.JPG

ボイルしても苦手なヤツが存在しておりまして、コチラに処理を任されたのは宜しいけど・・・

とひ4.JPG

想像してたより遥かに満足感が低いのは何故なんだと首を傾げ、明確な回答を見出せませんでしたが・・・
ハッキリしてるのは、ゴチでも再訪はあり得ないっう結論。

とひ5.JPG      御馳走様でした



いじょ


posted by ヤマチャン at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446866842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック