2017年03月25日

宝の山なのかは不明・・・


筑西市と申せば・・・


移動中に、真岡鉄道踏み切りの警報が鳴り・・・  オイラの心拍数が一気に急上昇したっう瞬間アリ。
やっと 会える、そう思った瞬間にカメラに手が伸びたものの、冷静に後ろを振り返ったら・・・
数台停止中 ⇒ 車を降りての撮影はヒジョーに恥ずかしいとの気持ちが芽生え、座ったままパチリとしてしまった己の心の弱さを罵ってやったのです !(゚Д゚)ゴルァ!!

コンナ中途半端な・・・

よ1.JPG

写真で宜しいわけが無く、後日賞罰委員会に呼び出されたのは当然も・・・
" これからは心を入れ替えます " 、その場を取り繕えば無罪放免との格言に厳密に従ったのは内緒。
それにしても、某国営放送 『小さな旅』で見た時は確かに2両編成だったのにと独り言 (;^∀^)

ハイッ   そんな事とは別次元・・・

よ2.JPG

焼きそば よっちゃん @ 筑西市小栗5907−2 を訪問の巻。

市内中心部から大きく外れた場所でね、北に数百メートル移動すれば真岡市っう辺鄙な場所へ・・・
良くぞ訪問する気になったねと賞賛の声多数、多分 きっと 恐らくだけど それは 幻覚だった気が。


それでは・・・




入店してみますれば先客ナッシングは予想通りと受け流し、早々にお茶の お も て な し m(_ _)m
コチラは運転から開放されたんで、腰を指圧しつつチョッと姿勢を崩しながらの・・・

よ3.JPG

メニュープリーズ。

よ4.JPG

お持ち帰りで300円と店主さんに告げてから、店主さんとの会話を楽しんでおりましたが・・・
この場所での開店はご縁でとの事、その他諸々・・・                    以下割愛。

そんな緩い時間を過ごしながら店内を見回し・・・

よ5.JPG

暫し待って・・・


ブツ受領。

よ6.JPG

キャベツイパーイ & 目にも鮮やかな紅生姜を視認、左下に増量用ソースの存在も確認し・・・
アレマ 初めての経験だとの新鮮さも伴った 嬉し 優しい御配慮に感謝した次第。

よ7.JPG

酸味強めなソース味ながら、モチノロン 美味しく頂いたのは当然。
使用しているソースメーカーの確認をさせてもらえば良かったと思ったけど、教えてくれるのかは未知数との声に賛同しておくのが吉の予感。

やはり最低1軒は、『焼きそば専門店に立寄はマスト ! 』 ⇒ 心に刻むべき金言と相成った次第。


いじょ

posted by ヤマチャン at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック