2017年06月06日

イントロダクション


富士吉田市と申せば・・・


毎回うどんをガア〜って喰ったら直ぐにとんぼ返り、ソレだけだとアンマシ楽しくないとの声に心素直に
耳を傾け・・・  そんならチョイとだけ楽しんでみますかねと独り言。

それならばイクべきと決めていたトコへGO !!! ⇒ 富士と桜の宮 新倉富士浅間神社を訪問の巻。
                         、(所在地は自分でググれとの声多数)、
先ずは麓の駐車場から階段を上り・・・

あ2.JPG

境内の子育て神木を見下ろしてから本殿へと向かうのですが・・・

あ3.JPG

でも その前に・・・

あ4.JPG

心が汚れ切ったオサーンは、当然の務めとして手水舎にてお浄めをしたと書いておきたく存じます。


それでは・・・





そして礼拝を済ませたらですね・・・

あ5.JPG

目の保養も大事なのでございます。 アップで確認したらチョイとビクーリしたのは内緒。

あ6.JPG

木鼻に取り付けられた麒麟・象・獅子・獏・龍の彫刻を見るのが好きな、変なオヂサンとの自覚アリ。

あ7.JPG

ハイッ 木組みの美しさや他の彫刻なんぞに見惚れていれば、小一時間でも時間を忘れて・・・以下自粛。

そして、この先の新倉山浅間公園には300本の桜と富士山や富士吉田市の市内を一望できる眺望抜群なトコらしいので・・・
せっせと300段を優に超える石段を上るのが男の子と気合一発。


そして・・・






































まだまだ先は長いのですが・・・

あ8.JPG

こんな景色が見え初めまして・・・

あ9.JPG

先に進む活力源となりまして・・・

あ10.JPG

頑張った先に忠霊塔・・・
【遠目には五重塔に見えるものの、太平洋戦争での戦没者を慰霊するための忠霊塔で、昭和34年(1959)に設置されたらしいっす】






























おっ ここは何処 ??? 一瞬そんな感じになったのは内緒。

あ11.JPG

でも見た目より遥かに綺麗っす (*^ー゜)b

そして確かに、富士吉田市を一望出来る素晴らしいロケーションでございました。

あ13.JPG

山間の平地に人が集まり町が出来る、ココからの眺望は正に有無を言わせぬ説得力アリアリを実感。
そして最後にリトル京都 & 富士山の合体とも言われているらしい・・・

あ12.JPG


ハイ 大変素敵な眺めだったです ( ´∀`)σ)∀`)
是非1度・・・




だって、ドコで情報入手したのか不明なれど・・・ 
こんな交通不便なトコに何でワザワザ ⇒ お見掛けした方の8割はジンガイ(ブルーアイ含む)でカナリ
クリビツしてたのよ〜ん。


次回・・・  富士山頂までクッキリな日キボー。。。


ラベル:富士吉田市
posted by ヤマチャン at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック