2017年12月02日

2017年着々とシリーズ・・・


上三川町は遠い _| ̄|○


チョイトでも移動がメンドーだなと思い始めたらですね、楽な方向へ躊躇いも無く突き進むのが正解。
何も無理して頑固に守り通すより、心変わりしちゃえば何倍も気が楽になるのなら・・・
見て見ぬ振りしてし、ソレを責めてはならぬとの格言に従うのが勝利の方程式なんでございます。

それならドコを目指す ??? 指針っうより、目的重視を前面に押出せばイイんじゃねと神の声アリ。
そして、こんなん出ましたと戯言一発 σ(^_^;)

あーそれなのに、最後の最後に最優先すべきは近さとの極秘指令が出されたのは内緒。(寒くなったしね)

焼きそばが目的となれば・・・

に1.JPG

フライ やきそば にしかた @ 行田市行田20-29 を訪問の巻。


それでは・・・




メニュープリーズ・・・

に2.JPG

大変良心的な値段設定も大事な要素、やはしソコは譲れないトコと申し上げつつ素早く発注完了。

に3.JPG








後は・・・










暫し待てばですね・・・









































大 降臨。

に4.JPG

太めウェーブ具はキャベツのみ系と冷静に観察終了も、チョイとイメージが違うと思ったのは・・・
コチラの勝手な先入観だと判断したけど、行田焼きそばの王道なのかは不明なんでございます m(_ _)m

に5.JPG

アレコレ思いを巡らせるより一口・・・

に6.JPG

フツーのソース焼きそばっう位置付けで良い ??? そー感じてしまって戸惑うオサーンが1人。
何かしら特徴はないのかと首を傾げつつも、ポピュラーっう一言で片付けてしまったのは内緒。

その単純さが持ち味と成り得るのかの議論は先延ばし、来年新規開拓すれば謎も解けるハズと楽観して
しまいましたとさ。

北関東のソース文化とは異質なのは当然も、コレはコレで宜しいと我思った次第。

そんな事よりも引っ切り無しにテイクアウトのオーダーに立ち寄る人、人、人  ・・・地域に根付いた
お店が絶滅しない事を祈念せずにはいられなかった事実は重いのデス。。。

行田焼きそば文化よ永遠に (*^ー゜)b  (陸王見てマス)


ソノ一言を進呈し・・・

に7.JPG       ご馳走様でした



























あおき、吉田うどんプチツアー、みや亭、名鳥、山口精肉店、ラーメンショップ 牛久結束店、萬来軒、大鵬、
嘉宴楼、キセキ食堂、ロッキーバーガー フレンド、登竜、ごん兵衛、満月うどん、あじみ、テン、和、登龍、とんぺい食堂、リバーサイド、小暮や、山吹、にしかた、メイ、小島、花春、ペンヤ




posted by ヤマチャン at 07:00| Comment(2) | 埼玉 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にしかた 十数年前数度訪問したけど、今はときわ肉店が
我が家の御用達でございます。
ただ行田といえばフライで、>フツーのソース焼きそばっう位置付けで良い ??? その通りだと思いますよ〜
Posted by すみパパ at 2017年12月02日 08:59
すみパパ さん ♪

もう少し掘り下げてみたいけど・・・
アンマシ変わらない気がしてるし、フライはアンマシスキじゃないし・・・
行田市は難しいとの本音アリ。。。

Posted by ヤマチャン at 2017年12月03日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。